> > ソニー、利用者や機器を判別できる「認証型コンセント」を開発

ソニー、利用者や機器を判別できる「認証型コンセント」を開発

記事を保存

ソニーは、電気機器がコンセントに接続された際に、機器または利用者を判別・認証し、電力との関連付けを可能とする「認証型コンセント」を開発した。この技術をもとに、ソニーは今後、利用者ごとの最適な電力利用を実現するために必要な、機器やシステムについて実用化を図る。

開発された認証型コンセントは、プラグとコンセント間で無線通信を行う「FeliCaタイプ」と、新技術「電力線重畳通信技術」により、電力線に認証データを載せる「電力線重畳通信タイプ」の2種類。

「FeliCaタイプ」は、コンセントなどの電源供給側にリーダー/ライターなどの入出力端子やコントローラーを組み込み、機器のプラグ部分にはICチップを内臓することで、無線による認証を行う。認証にはFeliCaの暗号通信技術を適用することで、なりすましを防ぎながら高速かつ正確に機器を判別することができる。

「電力線重畳通信タイプ」は、コンセントなどの電源供給側に内蔵されたリーダー/ライターの入出力端子を電力線に接続し、読み取り信号を電力線に重畳させる「電力線重畳通信技術」で物理的な電力線を経由して認証が行われる。また、機器側への通電の有無に関わらず、電源プラグをコンセントに挿すだけで繋がれた機器を認証する事が可能で、電気機器とコンセントの間に延長コードが挟まれても通信できる。

今後、認証型コンセントが普及すると、利用者は新たに家電製品や電気自動車などの所有者の認証、機器ごとの電力管理・利用、電力利用の許可、過去の電力利用履歴の記録や電子マネーとの組み合わせによる電力課金・決済などができるようになる。さまざまな形で応用も可能で、普段は通電せず、利用時のみ機器認証を行い通電させることができるため、例えば異物を差し込んでも感電しない安全なコンセントを実現できる。

また、消費電力の「見える化」にとどまらず、電力利用状況データを住宅やビル内、あるいはインターネット上のクラウドサービスを用いて蓄積・解析を行う事で、機器の使用状況や劣化の程度も継続的に確認できる。電力の需給がひっ迫した場合は、医療機器や冷蔵庫などには給電したまま緊急度の低い機器のみ電源オフにすることで、住宅やビル丸ごとの停電を回避する事も可能だ。

さらに、スマートフォンやタブレット端末等の普及に伴い、街中でのコンセント利用の要望が高まるなか、ユーザーや機器を認証することで簡便な「利用者課金」の仕組みが実現されれば、使いたい時に使いたい場所で、使いたい量の電力を利用できるコンセントとして普及する可能性も期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.