> > ソフトバンク、北海道実証施設で太陽光パネル10社の発電状況をリアルタイム公開

ソフトバンク、北海道実証施設で太陽光パネル10社の発電状況をリアルタイム公開

記事を保存

ソフトバンクの子会社のSBエナジーは、1月31日より、北海道帯広市と苫小牧市に設置した太陽光発電試験場の運転状況について、ホームページ上で公開を開始した。試験場には、京セラ、シャープ、ソーラーフロンティアのほか、中国のサンテックパワー、インリー・グリーンエナジーなど国内外10社の太陽光パネルを採用。発電特性を測定し、発電出力状況を5分に1回の間隔で取得してデータを更新している。

同社では、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設と、自然エネルギーの普及・拡大に向け、昨年12月に北海道に10社の太陽光パネルを並べた計3ヵ所の試験場を開設した。帯広太陽光発電試験場(帯広市帯広競馬場敷地内)には、約100kW(約10kW×10社)の太陽光パネルを設置し、昨年12月15日から稼働を開始。また、苫小牧市では、気象条件の異なる苫小牧太陽光発電試験場の、陸側と海側にそれぞれ約20kW(約2kW×10社)の太陽光発電システムを設置し、12月22日より運転を開始した。

本試験場では、メガソーラー建設に向けたパネルの性能評価、日射量と気温によるパネルごとの発電特性調査、雪国における節電対策の評価・検証、着雪による発電への影響調査などを行い、研究結果について、ホームページ上で公開するとしている。四季を通じて試験・検証していく計画で、1月31日のレポートでは積雪対策を課題としてあげている。なお、研究には、同社のほか、英弘精機、東京工業大学大学院が参画する。同社では、完成までの工期が比較的短期間で設置可能な太陽光発電所を、全国に複数拠点、合計200MW以上の規模で建設する計画で、具体的な内容について検討を開始している。

今回採用されている10社の太陽光パネルのメーカー(種別、国、型番、パネル1枚の出力)は以下の通り。三菱電機(シリコン単結晶、日本、PV-MGJ250ACF、250)、京セラ(シリコン多結晶、日本、KS2381P-3CFCA、238.1)、シャープ(シリコン多結晶、日本、ND-193CA、192.5)、伊藤組モテック(シリコン多結晶、日本、MTPVp-210-MSD、210)、カナディアン・ソーラー(シリコン多結晶、カナダ、CS6P-230P、230)、サンテックパワー(シリコン多結晶、中国、STP280-24/Vd、280)、インリー・グリーンエナジー(シリコン多結晶、中国、YL235P-29b、235)、カネカ(薄膜シリコン ハイブリッド、日本、U-ZE115、115)、パナソニック(ハイブリッド(HIT)、日本、HIP215NKH5、215)、ソーラーフロンティア(化合物系(CIS)、日本、SF150-K、150)。

※関連ニュース
ソフトバンク、全国に200MWの太陽光発電所設置へ 「自然エネルギー協議会」第2回総会開催

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.