> > IDEC、太陽光発電分野に参入、BtoBで電力マネジメント事業を展開

IDEC、太陽光発電分野に参入、BtoBで電力マネジメント事業を展開

記事を保存

IDECは、太陽光発電分野に参入すると発表した。パワーコンディショナやモニタなど関連機器、及びクラウドシステムによるWEBサービスなど、範囲なサービスを統合化して提供する電力マネジメント事業を開始する。太陽電池メーカーや販売施工業者を対象に、2012年4月より提供を始める。

同社が今回着手するのは、太陽光発電システムを展開する企業向けの「太陽光発電システムにおける直交流電力変換装置など関連機器と監視システムにより、発電と消費の状況を詳しくモニタリングして電力マネジメントに役立つ広範囲なサービスを統合化して提供する事業」。具体的な製品・システムとして、1.一般住宅や小規模業務施設向け太陽光発電用パワーコンディショナ及び周辺機器、2.クラウドシステムによる電力モニタリングシステムサービス、を市場投入する。一般個人ユーザーに販売するのではなく、太陽電池メーカー、ハウジングメーカー、住宅設備業者などシステムインテグレーターに「BtoB」ビジネスとして拡販を図る。

同社は、今回、長年培ってきた制御技術と、近年注力している環境ビジネスの経験を活かし、国内太陽光発電市場に参入する。今後、更に製品やサービスの拡充を行い、再生エネルギーに関する市場動向に迅速対応する戦略立案と戦術展開を行うため、「製品企画・開発・生産・販売」を一元化する部門として新事業部を4月に設立する。

東日本大震災後の電力供給の不安、計画停電の実施を受け、国内の省エネ・節電への意識は加速度的に高まっており、中でも太陽光発電システムはCO2削減の切り札とされている。特に一般家庭への導入は、政府の補助金政策や余剰電力買取により急速に市場拡大しており、この拡大傾向は当面続く見通し。拡大を続ける国内太陽光発電市場では、海外太陽電池メーカーのほか、ハウジングメーカー、住宅設備業者等販売施工業者による市場参入も相次いでいる。しかし、国内の厳格な技術基準を満たす必要のあるパワーコンディショナなど電力変換・接続機器類を提供するメーカーは非常に限られており、また、システムの稼動状況を遠隔監視したり、発電や消費の状況をモニタリングする環境も十分とは言えないと同社は指摘する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.