> > 太陽光パネルの利用をワンストップで支援するサービスがスタート

太陽光パネルの利用をワンストップで支援するサービスがスタート

記事を保存

JBサービス(JBS)は、24時間、365日体制でITインフラを支援するシステム運用監視センター「SMAC(SolutionManagementandAccessCenter)」の機能を強化し、企業でのスマートグリッド化対応も視野にいれた「環境関連サービス」を4月より本格的にスタートさせ、その第一弾として太陽光パネル関連サービスを開始することを発表した。

具体的には、SMACのヘルプデスクとなるとともに、専用の監視システムにより、設置先の発電状況、障害状況を監視。技術員による定期点検も行う。また、パネルの販売、設計・施工についても行い、製造業、不動産業、自社施設を持つ企業を中心にワンストップでの支援を推進していく。同社は、太陽光パネル関連のビジネスで、初年度20憶円の売り上げを目指す。

東日本大震災後、電力利用については企業活動においても課題となっており、電力利用の最適化を検討する企業が増えてきている。なかでも太陽光パネルについては、電力消費のピークシフト、省エネルギー、再生可能エネルギー、停電対策等の視点から、企業での利用についても取り組みが始まっている。

同社は、新しい環境関連サービスに従来からのSMACでのシステム運用支援を組み合わせることにより、節電の推進や企業の電力利用の最適化に貢献していきたい考えだ。

なお、JBSはJBCCホールディングスの事業会社で、テクニカルサービスカンパニーとして今年4月より新たにスタートする。全国展開での運用保守サービス体制を基盤に、中核事業であるLCM(IT機器の調達から導入、運用、廃棄までをワンストップで提供する運用アウトソーシングサービス)、ITアウトソーシング等のテクニカルサービス、環境関連等サービスに力を入れていく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.