> > 日立金属、HV、EV向けネオジム磁石の工場を米国に新設

日立金属、HV、EV向けネオジム磁石の工場を米国に新設

記事を保存

日立金属は、米国のフェライト磁石生産拠点であるHitachiMetalsNorthCarolinaLtd.に、ハイブリッド自動車(HV)、電気自動車(EV)向けネオジム磁石の工場を新設することを発表した。

新工場では、原材料であるネオジム合金を使用してネオジム磁石生産を行う。生産量は約40トン/月から需要により順次拡大。2012年2月に着工し、2013年4月に量産を開始する予定。

ネオジム磁石は、EVやHVの駆動モーターに使用される磁気特性に優れた永久磁石で、同社が世界に先駆けて開発、量産を開始している。近年では環境規制の強化や原油価格の高騰のため、同製品の需要拡大が予測されており、この需要に応えられる安定したサプライチェーンの構築が急務とされていた。

同社は、中国だけに依存しない原材料の確保に加え、供給までのリードタイム短縮、為替リスク回避が可能な地域での生産を実現する新工場により、同社全体として磁石供給能力の増強を図り、ネオジム磁石の需要拡大に着実に対応していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.