> > HV・EV・FCV用の電装品市場は2015年に6.3倍に拡大

HV・EV・FCV用の電装品市場は2015年に6.3倍に拡大

記事を保存

富士キメラ総研は、地球温暖化対策となる「環境」分野の自動車用電装システム・デバイスの世界市場調査した結果を発表した。2015年の市場予測として、アイドリングストップシステムは2050万台、2544億円(2010年比5.5倍)となる見通し。燃費向上の本命は次世代自動車の開発であるが、本システムの搭載はそれに比べ安価で簡単に燃費向上が見込めることから今後も増加すると予測する。

また、2015年の市場予測として、HV(ハイブリッド車)/EV(電気自動車)インバータ用電流センサは1160万個、95億円(2010年比3.2倍)、HV/EVバッテリ用電流センサは368万個、49億円(2010年比3.5倍)となる見通し。特に、2012年以降は、HVの生産台数が大幅に増加することから、世界市場はHV/EVの電流センサを中心に拡大すると予測する。

環境分野の車載電装品の世界市場は、「パワートレイン系(15品目)」は2010年見込みが2兆2627億円、2015年予測が3兆2825億円(201年比145.1%)。「HV/EV/FCV系(13品目)」は2010年見込みが1729億円、2015年予測が1兆960億円(2010年比6.3倍)。

パワートレイン系は、エンジンの性能を向上させ燃費を良くするシステム、環境性能及び燃費向上の頭脳となるECU、エンジン各部の重要な情報を収集するセンサを対象としている。システムでは、信号待ちなどの停車時に自動でエンジンの停止/再始動を行うシステムで、燃費向上をもたらすアイドリングストップシステムの市場が大幅に拡大すると予想する。

HV/EV/FCV系は、HVやEV、FCVのみに搭載されるデバイスで、二次電池やモータ、車載充電器、燃料電池スタック、水素貯蔵タンクなどを対象としている。参入各社はともにHVの投入を進めているため、搭載されるデバイスの市場は軒並み拡大すると予想される。また、EVやPHVも普及していくが、それに伴い大きく市場拡大するデバイスが車載充電器やリチウムイオン二次電池である。さらに、FCVも2014年頃から量産車が投入される模様であるで、主要構成デバイスである燃料電池スタックや水素貯蔵タンクは大幅にコストダウンが進んでおり、量産化が着実に前進している。

ECU(電子制御ユニット)構成デバイス市場(16品目)は、ECUを構成する半導体や回路部品、ECUと接続するためのコネクタやワイヤーハーネスといった周辺デバイスを対象としている。2010年は6兆3442億円、2015年は8兆3975億円(2010年比132.4%)となる見込み。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.