> > 日産、フーガハイブリッドに低価格の新グレードを追加

日産、フーガハイブリッドに低価格の新グレードを追加

記事を保存

日産は、高級セダン「フーガハイブリッド」に、低価格の新グレード「Aパッケージ」を追加し、2012年2月16日より発売すると発表した。メーカー希望小売価格(消費税込)は539万7000円。装備を厳選することで、基準グレードより40万円のコストダウンを図り、購入しやすい価格設定とした。

「フーガハイブリッド」は、日産独自の1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステム「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」の採用により、19.0km/L(10・15モード)というクラストップレベルの低燃費を達成している。

同車には、これまでに「基準グレード」と、後席に乗る人のための仕様装備を充実した「VIPパッケージ」をラインナップしている。希望小売価格(消費税込)は「基準グレード」が577万5000円、「VIPパッケージ」が642万5600円。

政府は、2011年度第4次補正予算案で「エコカー補助金」の復活を決め、年内から購入する対象車について適用する方向で検討に入っており、エコカーの需要が喚起されることが期待されている。同社では、今回、低価格化を図った「Aパッケージ」の追加し、3つのグレードを揃えることで、顧客の様々なニーズに応え、拡販を図る。

なお、「フーガハイブリッド」は、「平成22年度燃費基準+25%」を達成し、国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置では、次世代自動車として自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.