> > 東京都C&T制度、5年で22万トンのオフセットクレジット創出

東京都C&T制度、5年で22万トンのオフセットクレジット創出

記事を保存

東京都は、都のキャップアンドトレード制度における第一計画期間(平成22年度~平成26年度)5年間分のCO2排出削減量が約22万トンになる見込みであると発表した。

今回、東京都の排出取引制度として利用できるオフセットクレジットを発行するために必要な事前申請の第一弾として、合計307件の提出があった。これにより、第一計画期間(平成22年度~平成26年度)に創出されるオフセットクレジットは約22万トンとなる見通しとなった。

このうち、都内の中小規模事業所の削減量による「都内中小クレジット」は289件(5万4094トン)、都外の大規模事業所における削減量による「都外クレジット」は11件(9万6317トン)、太陽光や水力など再生可能エネルギー利用設備による環境価値をクレジット化する「再エネクレジット(環境価値換算量)」は7件(6万5000トン)だった。

東京都では、国による自主参加型の排出量取引制度とは異なり、削減義務に基づく国内初の本格的な排出量取引制度として、大規模事業所に対する温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度を導入している。本制度の対象事業者は、自らの事業所での削減に加え、「都内中小クレジット」、「都外クレジット」、「再エネクレジット」等のオフセットクレジットを取得して削減義務を履行することが認められている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.