> > 環境配慮評価融資、三井住友銀行がノーリツに実施

環境配慮評価融資、三井住友銀行がノーリツに実施

記事を保存

三井住友銀行は、ノーリツに対して、企業の環境配慮状況に基づいて融資を行う「SMBC環境配慮評価融資」を実施したと発表した。

「SMBC環境配慮評価融資」は、三井住友銀行と日本総合研究所が作成した独自の評価基準に基づき、企業の環境配慮状況を評価して融資条件を設定するとともに、環境経営における今後の改善余地を、簡易診断として提供する融資商品。本融資により、環境配慮を進める企業の取り組みを客観的に評価・診断することで、企業の環境配慮活動を支援する商品として展開している。

今回ノーリツに対する本融資の実施は、2009年、2010年に続いて3回目。三井住友銀行は、毎年の評価結果が、新たな環境の取り組みや環境ビジネスの推進につながっているとしている。

ノーリツは、環境省の創設した、企業の環境保全活動を促進するためのエコ・ファースト制度において、ガス石油機器業界として、初めて「エコ・ファースト」として認定されている。今回、環境配慮状況の評価結果においても、1.環境ビジネスにおいて、高効率温水機器に加え、太陽熱利用機器、太陽光発電システムなど新エネルギー分野の製品開発と普及に取り組み、家庭における製品使用時のCO2削減を推進するなど、自社製品のライフスタイル全体の環境負荷低減に努めていること、2.サプライヤー向けの環境マネジメントシステムの導入支援により、主要サプライヤー88社において環境マネジメントシステムを導入していること、3.生物多様性保全の観点から、持続可能な木材資源調達など、本業を通した取り組みを行っていること、などが高く評価された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.