> > 電気自動車「i-MiEV」をエストニア政府に納車開始

電気自動車「i-MiEV」をエストニア政府に納車開始

記事を保存

三菱自動車は、エストニア政府への供給が決定していた電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」について、10月21日に最初の50台がエストニアに到着し、507台の納車を開始したことを発表した。あわせて首都タリン市でエストニア首相をはじめとする政府関係者等が出席し、納車式が開催された。

同政府へのi-MiEVの供給は、今年3月に同社とエストニア政府の間で締結された1000万トンの排出権購入契約で決まったもので、2011年度末までに507台をエストニアに出荷する計画。i-MiEVは同国のEV普及政策の一環として、今後は社会福祉関連の公的施設で使用され、同国のCO2削減に寄与することが期待されている。

さらに、同国政府はすでにEV購入補助金を導入しているほか、充電インフラの整備を推進する予定。同社は同国のCO2削減量の測定に関し技術面で協力するとともに、今年11月の一般向け販売を開始するなど、同国でのEV普及に取り組んでいく。

同社は、日本をはじめ欧州や香港、オーストラリア等でi-MiEVを販売しており、今後は米国、カナダでの販売開始も予定。また、エストニア政府以外でも、モナコ政府、アイスランド政府、デンマーク政府、シンガポール政府、タイ政府等、各国政府が推進しているEV普及促進に向けた取り組みに協力している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.