> > サントリー、工場でリチウムイオン電池搭載型の電気バスを導入

サントリー、工場でリチウムイオン電池搭載型の電気バスを導入

記事を保存

サントリーホールディングスは、山梨県北杜市にあるサントリー天然水南アルプス白州工場・白州蒸溜所の工場見学用に、リチウムイオン電池搭載型の電気バスを導入し、10月29日より本格運行を開始する。

同社は「資源の徹底的な有効利用」を環境保全活動のひとつの柱に据え、バリューチェーン全体を通じた省資源・省エネルギー活動を行っているが、今回はその一環。リチウムイオン電池搭載型の電気バスを導入するのは、民間企業で初めてという。

今回導入される電気バスは、早稲田大学監修のもと開発された短距離走行・高頻度充電の新型電気バス。従来の電気バスの課題であった電池の搭載容積や重量を大幅に削減し、さらに工場見学用バスの運行状況、条件にも適していることから今回の導入に至った。当面は、往復約1.6kmの天然水工場の見学ツアー「天然水ガイドツアー」で運行される。

バス内部は、電池搭載部を実際に見ることができるよう、一部スケルトン加工を採用。さらに、搭載するリチウムイオン電池を緊急時の電源としても使用できるよう、家庭用コンセントを設置。電力は、天然水南アルプス白州工場の太陽光パネルの発電も利用することで、電力製造から走行に至るまで徹底した省エネ化を図った。

早稲田大学が取り組む電気バスの研究・開発は、過去に環境省、経済産業省、NEDO等のモデル事業に指定されている。同社は、運行開始以降も、走行データを同大学に随時フィードバックするなど、社会全体への普及に向けて協力する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.