> > 伊藤忠、配送用トラックのEV化開発事業に部品供給で協力

伊藤忠、配送用トラックのEV化開発事業に部品供給で協力

記事を保存

伊藤忠商事は、東京アールアンドデーがエネルギー総合工学研究所と共同で取組む配送用トラックのEV化開発事業に対して、リチウムイオン電池と太陽光発電システムを供給するとともに同事業の円滑な実施に協力する。

同事業は環境省「平成23年度地球温暖化対策技術開発等事業(委託事業)」にて配送用トラックのEV化技術の開発並びに早期普及を目的として取組むもの。合わせて、過疎化や超高齢化社会、買い物弱者など日本が抱える課題に対して、移動販売形態による小売事業サービスの可能性と非常用電源用途など電動車輌としての活用についても検討を行う。

具体的には、北関東中心にスーパーマーケット約140店舗を展開するカスミの協力のもと、つくば環境スタイル「実験低炭素タウン」を掲げて低炭素社会の実証が進められている茨城県つくば市を中心に移動販売車として活用し、2012年初頭より約1年間の実証事業を行う。

移動販売車のベース車両は、いすゞ・エルフワイドロング2WDで、駆動用電池形式は、リチウムイオン電池。

同社は、つくば市において、昨年5月よりEVで使用された電池の二次利用事業モデルの構築を目指した「GreenCrossoverProject」(クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの実証プロジェクト)を開始。来春には、エネルギーマネージメント事業の取組みの一環として、国内初の先端技術を活用した街路照明のスマート化実証事業にも着手する予定だという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.