> > 日産、新世代エクストロニックCVTと新開発ハイブリッドシステムを公開

日産、新世代エクストロニックCVTと新開発ハイブリッドシステムを公開

記事を保存

日産自動車は、2.0~3.5リッター車用の新世代エクストロニックCVT(無段変速機)と、新開発のFF車用ハイブリッドシステムを公開した。

新型CVTは、CVTとして世界トップレベルの変速比幅を実現し、フリクションを大幅に低減したのが特長で、2012年から北米で発売する車種を皮切りに、グローバルに投入する予定。

軸径を小さくしたプーリーと形状を変更した新開発のベルトを採用することで、軸間距離を大きく変えることなく2つのプーリー比を拡大し、2.0リッター車以上のCVTとして世界トップレベルの変速比幅7.0を実現。

また、オイルリーク量を低減させることでオイルポンプを小型化し、新開発の低粘度オイルを採用するとともに、約6割ものCVT構成部品を改良したことにより、フリクションを約40%低減させた。これによって、同等クラスの現行CVTと比較して約10%燃費をアップさせた。

一方、新型ハイブリッドシステムは、コンパクトで汎用性が高いうえ、高出力、低燃費を実現したのが特長で、同システムを搭載した新型ハイブリッド車を2013年に北米市場で発売する新型車を皮切りに、グローバルに投入する予定。

同システムは、FR車用ハイブリッドシステムと同様の1モーター2クラッチ方式を採用。こ1モーター2クラッチシステムを新世代エクストロニックCVTに内蔵し、2.5リッターのスーパーチャージャー付きエンジンとリチウムイオンバッテリーを組み合わせた。コンパクトで汎用性の高いシステムでありながら、3.5リッター並みの高出力と、市街地走行から高速走行まであらゆるシーンで低燃費を実現している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.