> > トヨタ、エコプラスチック80%のハイブリッド車「SAI」を発売

トヨタ、エコプラスチック80%のハイブリッド車「SAI」を発売

記事を保存

トヨタは、一部改良したハイブリッド専用車SAIを11月1日より発売する。

バイオPETを使用した新エコプラスチックを採用するとともに、エンジンの制御を改良することで燃費を24.0km/Lに向上させ、環境への配慮を徹底しているのが特長。

同車は、バイオPETを使い、耐熱性、耐久性などの性能を飛躍的に向上させた新エコプラスチックを、従来のエコプラスチックでは適用困難だったシート表皮・フロアカーペットなどに採用。その結果、エコプラスチックの内装部品における表面積は、全体の約80%に拡大している。

エコプラスチックは、大気中のCO2を吸収しながら生長した植物を原料とすることで、従来の石油系プラスチックに比べ、製造から廃棄までのライフサイクルでCO2排出量を抑制できる素材。

新エコプラスチックは、他の一般的なバイオプラスチックに比べて、耐熱性、耐久性、耐伸縮性などが飛躍的に向上しているが、部品コストも含めて石油系プラスチックと同等のレベルを確保している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.