> > 東京都、電気自動車タクシーによるEVの実用性等調査事業を実施

東京都、電気自動車タクシーによるEVの実用性等調査事業を実施

記事を保存

東京都は、電気自動車(EV)タクシーを用いて、都内の道路や交通状況におけるEVの有効性や実用性の検証等をするための調査事業を実施する。都内では初めて、10月3日、電気自動車(EV)・ハイブリッド車(HV)専用のタクシー乗り場の運用が開始される。

都では、タクシーの業界団体である東京乗用旅客自動車協会の協力のもと、同タクシー乗り場に、EVタクシーを集中的に配車させ、EVの実走行における諸データの収集・分析や利用者アンケートを実施する。

EVの課題や特性を踏まえ、都内における実用性が高い運行方法や使用方法を明らかにし、タクシー事業者や利用客(都民)のEVの使用・利用促進と、都内におけるEVの普及を図るのが狙い。実施期間は、平成23年10月3日(月曜)から平成24年2月末日までの150日間を予定。専用乗り場の運用時間は、平日9時から21時まで。調査対象は、協力事業者(東旅協会員等13社)のEVタクシー18台および新丸の内ビル前タクシー乗り場等でのEVタクシー利用者等。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.