> > JXエネと日産、「家とクルマの新しいエネルギー提案」の実証試験を実施

JXエネと日産、「家とクルマの新しいエネルギー提案」の実証試験を実施

記事を保存

JX日鉱日石エネルギーは、日産自動車の協力のもと、JXエネルギーが開発した世界最高の発電効率を有するSOFC型家庭用燃料電池「エネファーム」、日産が開発した電力を住宅へ供給することが可能な電気自動車(EV)「リーフ」、EV急速充電器を設置した「ENEOSサービスステーション(EV急速充電ステーション)」の利用による、「家とクルマの新しいエネルギー提案」に向けた共同実証試験を実施することを発表した。

同実証試験は、エネファームとEVを組み合わせることで、家とクルマのトータルでのエネルギーの低炭素化を目指すもの。JXエネルギーが住宅向けエネルギー機器等の実証試験を行なっている、横浜市の「ENEOS創エネハウス」で2012年に開始予定。

具体的には、家庭の消費電力が少ない時間帯には、エネファームで発電した電力で、V2HEVの充電を行い、家庭での消費電力をエネファームでは賄えない時間帯には、V2HEVから家庭へ電力供給を行うことによるエネファームの稼働率向上について検証する。

また、ドライブ用の電力不足の回避には、EV急速充電ステーションを利用し、電力供給の一部に太陽光発電を用いることによる、家とクルマのエネルギーのさらなる低炭素化を実証する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.