> > 900MHz帯無線でのスマートメータ通信システムの実証実験開始

900MHz帯無線でのスマートメータ通信システムの実証実験開始

記事を保存

パナソニック電工は、2012年度に割り当て予定の900MHz帯特定小電力無線に最適な無線通信方式を新たに開発し、スマートメータ通信システムの実用化に向けた実証実験を9月より本格的に開始したと発表した。

同社ではこれまで、スマートメータ用として、電力線(PLC)方式や400MHz帯無線方式の通信技術の開発を行ってきた。今回、PLC方式で培ってきた、データを多段接続方式で伝え高効率化を図る通信技術「高効率マルチホップ通信技術」を900MHz帯の無線方式に応用。また、複数の無線セルで構成される、エリア的なスマートメータ間通信の省力化運用を実現した「自律分散型セル最適化技術」を新たに開発し、実用化に向けたさまざまな検証を目的とした実証実験を開始した。

同社では、無線方式とPLC方式を組み合わせたハイブリッドシステム技術により、通信環境に応じたさまざまなシーンに柔軟に対応していく予定。両方式に共通の高効率マルチホップ方式の活用で、ハードウェアやサーバなどの上位システムの共通化が可能なためシステム全体の導入コストの低減が可能だという。

今回の開発した無線通信方式では、高効率マルチホップ通信技術により、効率的で安定した高信頼なスマートメータ間通信を実現。自律分散型セル最適化技術により、隣接する無線セル間の電波の相互干渉を回避するための各セルの無線周波数設定等は、システムの上位制御装置からでなく、スマートメータ間の連携により自律的に最適に設定を行うことができる。にな無線周波数割当や端末数の調整を行うことを可能とした。これらの機能により、システム設置設定時、機器の増設・取り替え時や、万一の故障時に対する運用管理を大幅に省力化することができる。

太陽光発電や蓄電池、電気自動車の充電設備などの創蓄エネルギー機器と、それらを制御する住宅用エネルギーマネジメントシステムへの関心が高まっている。こうした創蓄エネルギー機器の普及に伴い、電力消費の可視化やバランスのとれた電力需給を実現するために通信機能を備えたスマートメータが必要とされている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.