> > JX日鉱日石、次世代型SSとしてEV向け車両EMS等を開発

JX日鉱日石、次世代型SSとしてEV向け車両EMS等を開発

記事を保存

JX日鉱日石エネルギーは、社会の変化、自動車の進化に対応する、次世代型サービスステーション(SS)の開発に向け、福岡県における「次世代エネルギー・社会システム実証事業」と、愛知県における「グリーン・ステーション普及実現化事業」を開始する。ともに経済産業省からの委託事業として実施する。

今回行う両事業では、SS来店時に取得する車両情報の活用、およびSS運営エネルギーの管理や、ドライバーのエコドライブを支援するエネルギーマネジメントシステム(EMS)の開発を軸に、未来のSSに求められるサービスの可能性を検証していく。

福岡県北九州市のDr.Driveセルフ八幡東田店では、「電気自動車(EV)を対象とした次世代型のコンセプトモデルSS」、また、愛知県豊明市のDr.Driveセルフ豊明栄店では、「ガソリン・軽油車を対象とした新たなモデルSS」の開発、実証を行う。

具体的には、福岡県における「次世代エネルギー・社会システム実証事業」では、EV向け車両EMS、および地域の再生可能エネルギーの大量導入を支える地域EMS(CEMS)と連携した、蓄電池付EV急速充電システムを開発・検証する。期間は、2011年9月~2015年3月。

愛知県における「グリーン・ステーション普及実現化事業」では、既に同SSに設置している太陽光発電、LED照明等を含めた、SS運営エネルギーを管理するSS・EMSを開発・検証する。期間は2011年9月~2012年3月。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.