> > プリウス、国内累計販売台数が100万台を突破

プリウス、国内累計販売台数が100万台を突破

記事を保存

トヨタ自動車は、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の国内累計販売台数が、本年8月末までに約102万台となり、100万台を突破したと発表した。

同社は、1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車として「プリウス」を発売。2000年からは、北米や欧州など海外でも販売を開始した。2003年には2代目、2009年には3代目となる「プリウス」を発売し、現在、日本をはじめ、北米を中心に世界で約70の国・地域で販売している。全世界での累計販売台数は、本年8月末で約236万台。

3代目「プリウス」は、システム全体の90%以上を新開発したハイブリッドシステム「リダクション機構付のTHSII(TOYOTAHybridSystemII)」を搭載し、世界トップとなる燃費性能38.0km/L(10・15モード走行燃費)と2.4L車並の動力性能の両立を実現した。

また、本年5月には、2列シート車(5名乗車)と3列シート車(7名乗車)の2タイプを設定した「プリウスα(アルファー)」を発売し、ラインアップを拡充。3列シート車には、トヨタのハイブリッド量産車として、初めてリチウムイオン電池を採用し、燃費性能は31.0km/L(10・15モード走行燃費)を達成している。

プリウスの販売台数は、東日本大震災による被災等により、4、5月は落ち込んでいたが、生産の回復により、国内の新車乗用車販売台数ランキングでは、6月から8月まで、3ヵ月連続でトップとなっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.