> > 出力1万kW、国内最大の堺太陽光発電所が全稼働

出力1万kW、国内最大の堺太陽光発電所が全稼働

記事を保存

堺市と関西電力は、国内最大の太陽光発電所となる堺太陽光発電所において、全区画が営業運転を開始したと発表した。

本発電所の出力は1万kW、発電は約1100万kWh/年で、一般家庭約3000軒分に相当する。本事業によるCO2削減量は年間約4000tを見込む。

本事業は、両者が共同事業として実施しているもので、平成21年12月に着工、平成22年10月に一部運転を開始した。平成23年10月に全区画の営業運転開始を目指していたが、9月7日、電気事業法に基づく使用前自主検査を終え、全約1ヵ月間工程を短縮して運転を開始した。

堺市では、産官学民の連携により、「快適な暮らし」と「まちの賑い」が持続する低炭素都市「クールシティ・堺」の実現をめざしており、今回の太陽光発電所事業は、その実現に向けた重要施策と位置づけ、注力してきた。

関西電力は、本発電所の建設や運用を通じて得られた知見を、今後、広く情報公開していく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.