> > 関西電力、蓄電池を用いた電力需給制御試験を開始

関西電力、蓄電池を用いた電力需給制御試験を開始

記事を保存

関西電力は、太陽光発電所が連系する石津川変電所(堺市)構内に、蓄電池を設置して、蓄電池の充放電を利用した本格的な電力需給制御システムの研究を開始した。

低炭素社会の実現に向けた取組みの一環として、太陽光発電などの新エネルギーが大量に電力系統に導入された場合に対応できる需給制御システムの開発をめざす。期間は、平成22年度から25年度まで。

蓄電池にはニッケル水素電池を採用するが、供用中の電力系統にこの電池をつなぎ、需給制御の研究を行うのは、国内電力業界では初の取り組みとなる。同社では、電力系統で実証研究を実施するために、平成22年度から需給制御システムの基本設計を始め、設備を構築し、今回の試験開始に至った。本研究は3つの柱からなる。

一つの目の需給制御システムの研究では、蓄電池の残量や温度等の状態を適切に管理しながら、電力系統の周波数を一定に保つための蓄電池制御手法を開発する。

二つ目として、蓄電池を利用した需給制御システムの研究を通して、需給制御用としてのニッケル水素電池の適性評価と寿命評価を行う。

三つ目として、太陽光の規模に見合う蓄電池容量の評価を実施する。石津川変電所は約7万kWの負荷に対して、9月7日に全区画で営業運転を開始した1万kWの堺太陽光発電所が連系する。

堺太陽光発電所の出力データや管内の日射量測定結果も活用し、将来の系統全体の需給制御に必要な蓄電池容量の検討を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.