> > 新型カムリ、ハイブリッドシステムを全車に搭載

新型カムリ、ハイブリッドシステムを全車に搭載

記事を保存

トヨタ自動車は、カムリをフルモデルチェンジし、ハイブリッド専用車として、9月5日より発売を開始した。

新型カムリは、セダンスタイルに、全車に新開発のハイブリッド専用2.5Lエンジンを採用したハイブリッドシステム搭載。燃費は、同排気量クラス(ガソリン車)トップとなるコンパクトカーレベルの10・15モード走行燃費26.5km/L、JC08モード走行燃費23.4km/Lを達成した。また、3Lクラスのガソリンエンジン搭載車に比類する動力・加速性能を備えた。価格(消費税込み)は304万円から。月販目標台数は500台。

カムリは、1980年にセリカカムリ(FR車)として誕生し、1982年にFFレイアウトを採用した世界戦略車として販売を開始した。累計販売台数は1400万台。米国では9年連続の乗用車ベストセラーカーを獲得している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.