> > 日本生協連、カーボンフットプリント表示対象商品を食品にも拡大

日本生協連、カーボンフットプリント表示対象商品を食品にも拡大

記事を保存

日本生協連は、新たにCO・OPロースハム3品目にカーボンフットプリント(CarbonFootprintofProducts:CFP)を表示し、9月より順次、展開すると発表した。CO・OP商品での食品へのCFPマークの表示は初めて。

CFPは、原材料調達から生産、流通、使用・維持管理、廃棄、リサイクルまでの商品のライフサイクルで排出される温室効果ガスをCO2の量に換算し、商品パッケージにマークで表示する取り組み。商品のライフサイクルにおける各過程でのCO2排出を「見える化」することで、事業者や消費者のCO2削減の取り組みを促進する仕組みとして注目されている。日本では経済産業省が中心となり、2009年度よりCFP制度試行事業を開始している。

日本生協連は、2010年6月に洗濯用洗剤「CO・OPセフターE」、2011年4月に食品包装用ラップにCFPマークを表示している。今回のロースハムへの表示により、日本生協連のCFP認証商品は全部で27品目になった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.