> > 米・太陽光ソリンドラ社破産申請

米・太陽光ソリンドラ社破産申請

記事を保存

米太陽電池メーカーのソリンドラ(カリフォルニア州)は、8月31日、米連邦破産法11条に基づく、会社更生手続きの適用を申請すると発表した。

太陽電池市場は、中国メーカーなどの台頭により競争激化しており、供給過剰と価格下落で業績が悪化した。負債総額はあきらかにしていない。工場はすでに操業を停止した。今後、事業の売却や他社への技術供与などを模索していく。

ソリンドラは、独自開発の円筒形太陽電池を製造。結晶シリコン太陽電池に比べて、約1.5倍の集積能力を持つ、発電効率の高い太陽電池として注目されていた。2009年に米エネルギー省から5億3500万ドル(約411億円)の融資保証を受けている。

8月には、米太陽電池メーカーのエバーグリーン・ソーラーが、同様に破産を申請している。景気対策として、環境施策に注力するオバマ政権には、大きなダメージとなりそうだ。

なお、日本の代理店であるエコホールディングス社は、日本での販売や導入に関する直接的な影響はないと伝えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.