> > 太陽光発電の義務化、「負担額が安ければ賛成」5割

太陽光発電の義務化、「負担額が安ければ賛成」5割

 印刷 記事を保存

大阪府は、府民に対して実施した「太陽光システムに関するアンケート調査」の結果を公表した。これは、太陽光発電システムの義務付けに対する賛否の割合は、初期投資額によってどのように変化するか、義務付けに対する賛否が二等分される初期投資額はいくらかなどについて検証ために実施されたもの。調査期間は、7月22日から26日まで。調査対象は、府内在住の自己所有住宅居住者2000名、賃貸住宅居住者2000名の計4000名。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.