> > EV・PHV向け充電スタンド「エネタス」登場

EV・PHV向け充電スタンド「エネタス」登場

記事を保存

日立コンシューマ・マーケティングは、日立電線及び日立オートモティブシステムズの100%子会社であるトキコテクノ製の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)向けの充電スタンド「エネタス」11月中旬より発売する。

トキコテクノ製のスタンダードタイプと日立電線製のスリムタイプの2タイプがあり、価格は、スタンダードタイプが42万円、スタンダードタイプの上位機種は63万円、スリムタイプが29万4000円。

スタンダードタイプは、企業の駐車場や店舗、公共施設など、多くの人が行き交う場所に設置できるようロック機能を搭載。上位機種には液晶パネルを装備し、ID&パスワードによるロックと、最大100件のIDの登録、ID別の使用履歴の管理が可能。

一方、スリムタイプは、家庭や個人事業者などでの使用を想定した奥行き11.5cmのスリムなタイプ。狭いスペースにも設置でき、充電コネクタやケーブルも本体に収納することができ使い勝手の良さが特長。なお、スリムタイプは、今年2月に発表された日立電線製のEV向け壁掛け充電器の機能性、操作性、収納性を向上させたものとなっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.