> > 環境ビジネス業界、ひきつづき好調 環境省の2018年「環境短観」調査

環境ビジネス業界、ひきつづき好調 環境省の2018年「環境短観」調査

環境省は2月22日、国内企業を対象に半年ごとに実施している環境ビジネスの景況感に関する調査「環境経済観測調査(環境短観)」について、2018年12月調査の結果を取りまとめ確定値を公表した。これによると、環境ビジネスの業況は2018年6月調査に引き続き、好調さを維持している結果となった。分野別にみると、特に「地球温暖化対策」分野の業況が最も高くなっている。

また、10年先の発展が見込まれる環境ビジネスは「再生可能エネルギー 」(風力発電水力発電等。別途項目を設けている太陽光発電システムを除く。以下同)で22.4%。今後実施したいと考えている環境ビジネスも「再生可能エネルギー」と回答する割合が18.2%と最も高かった。なお、産業別にみると、非製造業で「再生可能エネルギー」と回答する割合が25%と最も高く、製造業では「リサイクル素材」と回答する割合が15.2%と最も高くなった。

この環境経済観測調査(環境短観)は、2010年12月から半年ごとに行っているもの。ビジネスの業況などは、「DI(ディフュージョン・インデックス)」という、「良い」と回答した割合と「悪い」と回答した割合の差(単位:%ポイント)で示されている。

調査結果のポイントは以下のとおり。

(※全文:1827文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.