> > マツダ、廃車バンパーのリサイクルを実用化

マツダ、廃車バンパーのリサイクルを実用化

記事を保存

マツダは、廃棄処分された使用済み自動車のバンパー(廃車バンパー)から新車バンパーへのリサイクルを世界で初めて実用化し、8月21日生産分よりビアンテのリアバンパー用として使用を開始した。当面は、広島地区において、マツダ車の廃車バンパーを回収し、新車バンパーの材料に約10%混入し再生利用していく。

今回、同社では、1990年代から取り組んでいるリサイクルしやすい設計による廃車の増加を受け、効率的なバンパーの解体が可能になってきていること、また、ヤマコーと高瀬合成化学の協力を得て、廃車バンパーの効率的な回収・加工を行うことで、再生にかかる費用を抑え、新材以下の価格での再生利用を可能とした。

廃車バンパーは、製造から10年以上経過したものも多く、素材となるポリプロピレン材の組成や塗膜との密着性が異なることや、金属片などの不要物の除去など、これまでは、技術的にも経済的にも、新材に置換して利用することは困難な状況だった。

現在、廃車から排出されるプラスチック、ゴムなどからなるASR(Auto Shredder Residue)は、車両重量全体の約20%を占め、そのほとんどが、サーマルリサイクル(焼却処理によるエネルギー回収)されている。特に廃車バンパーは、樹脂部品の中では大きな部品であるため、本実用化技術により、新車バンパーの材料として回収・リサイクルすることで、自動車のマテリアルリサイクル率の向上と、ASRの削減と資源の有効利用促進を図る。

同社では、自動車のマテリアルリサイクル率向上に寄与する、大型の樹脂部品であるバンパーのリサイクルに力を入れており、系列ディーラーから回収した損傷バンパーから新車バンパーへのリサイクルを業界に先駆けて進めてきた。また、この損傷バンパーのリサイクル技術を廃車バンパーに応用する、リサイクル技術の開発に取り組み、今回の実用化に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.