> > オリックスグループ、マンション向け電気料金削減サービスに太陽光発電をセット

オリックスグループ、マンション向け電気料金削減サービスに太陽光発電をセット

記事を保存

オリックス電力は、マンションの電気料金を削減する「電力一括購入サービス」に、太陽光発電システムを組み合わせた新たな電気料金削減サービスを開始する。

第一弾として、大京が本年10月から販売開始予定の新築分譲マンション「ライオンズ大森西グランフォート」(東京都大田区、総戸数89戸)に本サービスを導入。 これにより、本物件では各住戸での電気料金の約24%削減を見込む。同社では、本サービスについて、今後一年間で20棟以上の新築マンションへの導入を目指す考えだ。

同社の手がける電力一括購入サービスは、割安な高圧電力を電力会社から一括受電し、マンション向けに低圧に変換し配電することで、顧客の電気料金を削減するもの。

新サービスでは、太陽光発電システムで発電した電力を、電力一括購入による受電システムを活用し、専有面積に応じて各住戸に配分することで、戸別の配電設備の投資負担を軽減し、太陽光発電システムの発電容量に関わらず各住戸での利用を実現した。

本サービスの活用により、各住戸(専有部)の電気料金を、電力一括購入サービスの削減分と合わせて約10%以上の削減が可能と試算している。

従来、マンションで太陽光発電システムを導入する場合は、各住戸への戸別配電設備の導入コストなどの制約から、発電した電力を共有部で利用することが多かった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.