> > 富士ゼロックス、中国のリサイクル拠点で廃棄ゼロ、再資源化99.8%を達成

富士ゼロックス、中国のリサイクル拠点で廃棄ゼロ、再資源化99.8%を達成

記事を保存

富士ゼロックスは、中国統合リサイクルシステムの拠点である、富士ゼロックスエコマニュファクチャリング(蘇州)において、使用済み商品・消耗品などの再資源化率が2010年度に99.8%となり、「廃棄ゼロ」を達成したと発表した。

同リサイクル拠点では、中国の販売会社である富士ゼロックスチャイナが中国全土(香港、マカオ、台湾を除く)から回収した複合機・複写機などの使用済み商品やカートリッジを、鉄系、アルミ系、レンズ、ガラス、銅系など70のカテゴリーに徹底的に分解・分別し、再資源化している。2008年1月の稼働から2011年3月までの間の再生資源量は、約1,500トンに達した。 また、部品のリユースにも注力しており、2009年12月に、中国工業情報部により「機電製品再製造モデル企業」35社中の1社として認定されている。

富士ゼロックスでは、「廃棄ゼロ」の定義を、再資源化率99.5%以上の達成とし、事業と環境との両立を実現する資源循環システムの取り組みを推進している。1995年には業界で初めて再利用部品を導入した商品を日本市場に導入。資源循環システムを本格稼動し、2000年8月に日本で初めて、回収した使用済商品の「廃棄ゼロ」を実現した。 また、2004年12月には9カ国のアジア・パシフィック地域の統合リサイクルシステムの拠点として、タイに日本と同じ品質のシステムを稼働し、2009年度に「廃棄ゼロ」を達成している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.