> > 東京電力・川崎市、共同開発のメガソーラー運転開始

東京電力・川崎市、共同開発のメガソーラー運転開始

記事を保存

東京電力と川崎市の共同メガソーラー計画の1つである、「浮島太陽光発電所」が運転を開始した。なお、「扇島太陽光発電所」についても、当初計画通り平成23年12月に運転を開始する予定。

浮島太陽光発電所は、川崎市が保有する土地に東京電力が建設・運転する最大出力7000kWのメガソーラーで、年間発電電力量は一般家庭約2100軒分の年間使用電力量に相当する約740万kWhを見込んでおり、8月10日より18年間東京電力が運用する。また、当発電所によるCO2排出量削減効果は、年間約3100tを見込む。

川崎市は、現在、「カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略」として地球温暖化対策を進めており、公共施設への太陽光発電設備の設置や住宅用太陽光発電設備の設置補助など、低炭素社会の実現に向け、先導的な役割を担うべく取り組んでいる。

8月6日にオープンしたPR施設「かわさきエコ暮らし未来館(川崎市運営)」では、太陽光発電等の普及啓発活動の推進に加え、川崎市の環境への取り組みを国内外に発信していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.