> > 太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)、太陽光発電被災実態調査結果を発表

太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)、太陽光発電被災実態調査結果を発表

 印刷 記事を保存

NPO法人太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)と東京工業大学ソリューション研究機構は、東日本大震災における太陽光発電被災実態調査を行った結果を発表した。調査で確認された課題として、震災時に太陽光発電装置が家屋の構造強化につながる効果があること、自立運転機能が十分に利用されていないこと、災害対応として蓄電機能の要望が強いこと、地域を中心とした冗長度のある自律分散システムの導入は、社会コストミニマムの観点からもリスク分散に貢献できること、などをあげた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.