> > ホンダ、ハイブリッドカー「CR-Z」の新タイプを発売

ホンダ、ハイブリッドカー「CR-Z」の新タイプを発売

記事を保存

ホンダは、スポーツタイプのハイブリッド車「CR-Z」に、黒を基調としたブラック内装や、メタリック塗装の16インチ軽量アルミホイールなどの専用装備を施した新タイプ「α・Blacklabel(アルファ・ブラックレーベル)」をラインナップし、8月8日に発売する。

新タイプでは、ボディカラーに新色「プレミアムイエロー・パールII」を設定し、2012年3月末までの期間限定の受注で販売する。

その他の専用装備として、通信費無料で各種情報サービスを利用できる従来の機能に加え、新たに省燃費ルートやETC割引ルートなどを選択できるルート配信サービス「インターナビ・ルート」を追加した「HondaHDDインターナビシステム+リンクアップフリー」をメーカーオプションで用意した。従来のタイプと同様、CVT(無段変速)と6MTを設定。希望小売価格は251万円(税込)。

「CR-Z」は新型ハイブリッド車として2010年2月に発売。ホンダ独自の1.5Lエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせにより、10・15モード走行燃料消費率で燃費性能25km/L(CVT車)を実現している。

CVT(無段変速)車とともに、ハイブリッド車として世界で初めて6MTを設定した。すでに販売されているβタイプの価格は226万8000円(税込)で、αタイプが249万8000円(税込)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.