> > ダイハツ工業、ガソリン車で30km/Lを実現する低燃費技術を開発

ダイハツ工業、ガソリン車で30km/Lを実現する低燃費技術を開発

記事を保存

ダイハツ工業は、JC08モードで30km/Lを実現する低燃費技術「e:Sテクノロジー(EnergySavingTechnology)」を開発したと発表した。

今後の「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマづくりの核となる技術と位置付けている。本年9月発売予定の新型低燃費車に、本技術を搭載することで、ガソリン車で初めてJC08モードで30km/Lを達成する見通しだ。

新型軽自動車は、低燃費、省資源、そして、80万円を切る入口価格で設定した低価格で、誰もが乗れる「第3のエコカー」として提案する。

JC08モードの燃費はトヨタのハイブリッド車「プリウス」が32.6km/L、ホンダのハイブリッド車「インサイト」が26km/L。ガソリン車では、マツダの「デミオ」が25km/Lでトップ。

同社では本技術の開発にあたり、エンジン・トランスミッション・ボディ構造などの既存技術に対して、あらゆる面からブレークスルーを行い、燃費を約40%向上させた。

主な技術は、パワートレーンの進化と車両の進化、エネルギーマネジメントの3つ。パワートレーンの進化では、燃焼効率向上とエネルギーロス低減を極めた新エンジンと、動力伝達効率をさらに向上したCVTを採用した。

車両の進化では、外面部分の骨格であるシェルボディの合理化などにより、約60kgの軽量化や、空気抵抗や転がり抵抗などの走行抵抗の低減を図った。

エネルギーマネジメントでは、CVT車としては世界で初めて、停車前アイドリングストップ機能を採用したほか、減速時の運動エネルギーを最大限活用するエコ発電制御(減速エネルギー回生機能付)を導入した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.