> > 藻類バイオ燃料に更なる注目。IHIなど神戸大学発ベンチャーとともに研究開発会社を設立

藻類バイオ燃料に更なる注目。IHIなど神戸大学発ベンチャーとともに研究開発会社を設立

記事を保存

IHIは、ジーン・アンド・ジーンテクノロジー(G&GT)およびネオ・モルガン研究所(NML)とともに、合同会社を設立し、藻類バイオ燃料事業に関する技術開発を共同で実施すると発表した。会

社名はIHI NeoG Algae(アイエイチアイ ネオジー アルジ)で、資本金は2億6000万円、設立は2011年8月上旬の予定。IHIは本事業の推進のため、当初2年間で4億円の投資を実施する。

G&GTは神戸大学発ベンチャーで、このたび、現時点で明らかになっている藻類の中で、燃料生産にもっとも適した性質を持つ藻(榎本藻)を開発。さらに、榎本藻の性能を最大限に発揮できる培養法の開発にも成功した。

IHIは、藻類バイオ燃料の開発に向けて、生物培養に関する基盤技術を蓄積するとともに、バイオプラントにおいて、多数の設計・施工実績を有している。

NMLは、世界の製薬・化学・食品企業に対し、微生物の育種・培養を支援しているベンチャーで、微細藻類の研究においても国内トップクラスのノウハウを持つ。今回、榎本藻の開発を機に、三社一体となる合弁会社を設立し、榎本藻の大量培養によるバイオ燃料の製造を目指し、今後は、培養スケールアップ、藻体からの油分分離・回収、藻のさらなる能力向上等の技術開発を進めていく。

藻類は成長するときにCO2を吸収し、また増殖が速いという特徴を有しており、藻類を利用したバイオ燃料は、原油や食糧の価格高騰と地球温暖化を同時に解決するソリューションとして期待が高まっている。

また、藻類バイオ燃料は、ジェット燃料や重油としての利用が見込まれていることから、世界各国で研究開発が進められている。榎本藻は、燃料を生産する緑藻であるボツリオコッカスの一種で、一般的なボツリオコッカスに比較して1ヵ月間で約1000倍の量に増殖する。また、雑菌等の他の生物が混在する環境でも培養が可能となる堅牢性を有し、生産する燃料は重油に相当する高い品質であることが確認されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.