> > 伊藤忠 総事業費400億円の米国最大級のバイオマス発電所へ出資

伊藤忠 総事業費400億円の米国最大級のバイオマス発電所へ出資

記事を保存

本プロジェクトの総事業費は約5億米ドル(約400億円)、米国最大級のバイオマス発電所で、米国及びフロリダ州の環境基準に基づく排出ガス処理システムを導入する。

商業運転の開始は2013年の予定。伊藤忠は、100%子会社である北米IPP事業会社TyrEnergy社を通して出資する。本プロジェクトはBayCorpHoldings社、EnergyManagement社、及びTyrEnergy社の3社で共同開発した案件で、3社での共同開発案件としては2件目。この3社に、Fagen社を加えた4社が、本プロジェクトに共同出資する。

建設コストは、東京三菱UFJ銀行をリードバンクとして、NATIXIS銀行、RABOBANK銀行など合わせて6行から資金調達を行う。資金調達完了後、建設を本格化させる。

商業運転開始後は、電力取引契約に基づき、フロリダ州のゲインズビル市の電力会社であるGainesvilleRegionalUtilitiesに対して30年間にわたり電力供給を行う。

尚、本プロジェクトでは世界最大手の独立系発電所運転・保守サービス会社であるNAES社が運転・保守サービスを提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.