> > さらにエコカーが身近に実質188万円で購入できるEV「i-MiEV」を発売 三菱自動車

さらにエコカーが身近に実質188万円で購入できるEV「i-MiEV」を発売 三菱自動車

記事を保存

EV「i-MiEV」三菱自動車は、電気自動車(EV)「i-MiEV」を大幅に改良し、実質188万円で購入できるエントリーグレード「M」と、機能・装備の充実した上級グレード「G」の2グレードを設定し、「M」は7月25日、「G」は8月中旬(予定)から発売を開始する。2011年度は計6000台の販売を見込む。

メーカー希望小売価格(消費税込)は、「M」が260万円、「G」が380万円。経済産業省の補助金制度が適用された場合、顧客の実質的な負担額は、「M」は188万円、「G」は284万円となる。

今回の「i-MiEV」の改良では、低価格化などのニーズをもとに2種類のグレードを設定し、ブレーキペダル連動回生ブレーキによる一充電走行距離の拡大など基本性能を強化するとともに、夜間など比較的電力に余裕のある時間帯での充電に便利な「MiEVリモートシステム」をメーカーオプションとして設定するなど、商品内容の拡充を図った。

「M」は総電力量10.5kWhの駆動用バッテリーの採用等により低価格化を実現。毎日の買い物など、軽乗用車の日常的な使用としては充分な一充電走行距離120km(JC08モード)を確保した。

「G」は、従来と同じ16.0kWhの駆動用バッテリーを採用しながら、一充電走行距離を約2割拡大し、180km(JC08モード)とした。EVの大容量バッテリーの蓄電能力は、再生可能エネルギーの導入や、スマートグリッドの実現、非常時の電源供給を目的に、注目度は増している。

同社では、関連技術の研究・開発を進めており、まず、家電製品への100Wまでの電源供給が可能な「ACパワーサプライEZ」を「i-MiEV」のディーラーオプションとして設定し、2011年度中には、更に幅広い家電製品に使用できるよう、計1500Wまでの電源供給装置の商品化を目指す方針。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.