> > 三菱自 今夏、実質200万円以下で購入できる「i-MiEV」を発売

三菱自 今夏、実質200万円以下で購入できる「i-MiEV」を発売

記事を保存

三菱自動車は、今夏、実質200万円以下で購入できる電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を発売すると発表した。新たに駆動用バッテリーの総電力量を抑えたグレード(仮称:10.5kWh仕様)を設定し、現行の仕様に基づくグレード(仮称:16.0kWh仕様)と比べて、約100万円近くコストダウンを図る。2種類のグレードを設定することで、顧客がニーズに合わせて選択できるようにする。

また、同社は、国内向けEVのラインアップ拡充や、EVの販売増加に伴い、駆動用バッテリーの供給量を確保するため、新グレードの車載用電池には、東芝製のリチウムイオン電池「SCiB」を新たに採用する。現行グレードについては、従来通りリチウムエナジージャパン(LEJ)製バッテリーを搭載し、価格は現行レベルに抑える。

新グレードは、経済産業省の補助金制度が適用された場合、顧客の実質的な負担額が200万円以下となるように設定する予定。現行グレードの販売価格は398万円で、補助金適用後の実質購入価格は298万円。一方、日産自動車のEV「リーフ」も実質購入価格は約298万円となっている。

同社は、今年の冬に発売予定の軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」も、「i-MiEV」と同様、10.5kWh仕様に東芝製バッテリー、16.0kWh仕様にLEJ製バッテリーを搭載する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.