> > トヨタ プリウスPHVやEVを使ったマンション向けカーシェアに参入

トヨタ プリウスPHVやEVを使ったマンション向けカーシェアに参入

記事を保存

トヨタ プリウスプラグインハイブリッドトヨタは、野村不動産、大京、トヨタホームと共同で、2012年春よりマンション向けのカーシェアリングを実施する。

東京都で計画中の2棟と愛知県で計画中の1棟のマンションに対し、1棟あたり2台、計6台のプリウスプラグインハイブリッド(プリウスPHV)と電気自動車(EV)を配備。同社は、カーシェアリングを将来の車のあり方につながる新しい利用法と一つと考えており、今回の事例を踏まえながら、今後のPHV、EV普及に向けたあり方を検討していく。

プリウスPHVは、2012年初めに一般発売を予定している最新エコカー。家庭用電源から充電ができ、満充電状態で23.4kmのEV走行が可能。充電分を使い切った後は、従来のハイブリッド車と同じようにエンジンを併用して走行するため、電池の残存量や充電インフラの整備状況を気にせず使用できるのが特長だ。

EVについては、現在iQをベースに105km走行できるモデルを開発中で、2012年の市場導入を目指している。同社は、EVを近距離移動に適したクルマと位置づけており、カーシェアリングをEVに見合った利用法の一つとしてとらえている。

今回配備される車両は、各地域のトヨタレンタリース店を通じて提供・運営し、駐車場や充電設備は各デベロッパーと機械式駐車場メーカーのIHI運搬機械が協力しながら整備することになる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.