> > 丸紅 山梨県北杜市と官民連携による小水力発電導入事業を開始

丸紅 山梨県北杜市と官民連携による小水力発電導入事業を開始

記事を保存

丸紅の100%子会社である三峰川電力は、山梨県北杜市と官民パートナーシップによる小水力発電共同導入事業を開始する。

本事業は、村山六ヶ村堰用水路(山梨県北杜市)の施設に3地点の小水力発電所(出力合計650kW)を設置するもので、運転開始は2012年3月を予定している。同一用水路施設に複数の発電所が設置される事例は、全国でも数少ない。

複数地点を同時に開発することで、建設期間の短縮、工事費の削減、メンテナンスの効率化によるコスト削減などが期待できるため、今後の小水力発電事業の新たなモデルケースとして注目される。3地点から得られる年間発電量の合計は約4600MWhを見込む。これは北杜市世帯の約6%(約1300戸)の年間電力消費量に相当する。

また、CO2削減効果は年間約1932tと試算している。既存の村山六ヶ村堰水力発電所(最大出力320kW)を合わせた、4地点合計の年間推定発電量は6900MWhとなる。本事業では、北杜市は市施策として事業推進を全面的にサポートし、三峰川電力は小水力発電所の建設、運転を担う。尚、本事業は、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会の「平成22年度新エネルギー等導入加速化支援対策事業(地域新エネルギー等導入促進事業)」の社会システム枠で採択されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.