> > NEDO・EU 世界最高効率の集光型太陽電池の開発で連携、シャープ等も参画

NEDO・EU 世界最高効率の集光型太陽電池の開発で連携、シャープ等も参画

記事を保存

NEDOはEUと共同で、世界最高水準となるセル変換効率45%以上を目指した集光型太陽電池の技術開発に着手する。

太陽光発電分野での本取り組みは、日・EUエネルギー技術協力に基づく最初の共同プロジェクトとなる。この共同プロジェクトは、気候変動問題への対応とエネルギー安全保障の確保に向け、長期的視野に立って日本とEUが戦略的に連携して実施するもので、日・EUから計6カ国の産学官の研究機関が参画する。

集光型太陽電池の技術開発として、新材料・新構造の開発、セル・モジュールの開発・評価、集光型太陽電池の測定技術に関する標準化活動等を行う。期間は2014年度までの約4年間。予算規模は日本側が4年間で総額6.5億円程度、EU側は4年間で総額500万ユーロ(約6億円)程度を見込む。

日本からは、豊田工業大学、シャープ、大同特殊鋼、東京大学、(独)産業技術総合研究所などが参加する。また、EU側は、マドリッド工科大学(スペイン)、フラウンホーファー太陽エネルギーシステム研究所(ドイツ)、イタリア新技術・エネルギー・環境庁(イタリア)などが参加する。

集光型太陽電池は、太陽光をレンズや鏡を使って小面積の太陽電池に集光することにより、高い変換効率を実現する太陽電池。現在、変換効率の向上とコスト低減に向けた技術開発が行われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.