日立・シャープなど ハワイの日米共同スマートグリッド実証事業に参画

  • 印刷
  • 共有

日立製作所、サイバーディフェンス研究所、JFEエンジニアリング、シャープ、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)およびみずほコーポレート銀行の6社は、「ハワイにおける日米共同世界最先端の離島型スマートグリッド実証事業」に参画する。

今回、6社はNEDOが実施する同実証事業の委託先に選定された。この実証事業は、マウイ島において離島型クリーンエネルギー社会モデルを構築することを目的に、ハワイ州、ハワイ電力、ハワイ大学、米国国立研究所などと協力して実施される。NEDOのスマートコミュニティに関する海外共同実証事業としては、米・ニューメキシコ州、仏・リヨン、スペイン・マラガに続き、4件目となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事