> > トヨタ 5人乗りと7人乗りの「プリウスα」を発売

トヨタ 5人乗りと7人乗りの「プリウスα」を発売

記事を保存

トヨタワゴンタイプのハイブリッド車「プリウスα」トヨタ自動車は、2列シート車(5人乗り)と3列シート車(7人乗り)の2タイプを設定した新型車「プリウスα」を、5月13日より発売する。

「プリウスα」は、3列シート車でコンパクトミニバンクラストップの燃費性能31.0km/Lを達成。また、顧客の多様なライフスタイルに応えるハイブリッド車として、圧倒的な燃費・環境性能や先進性とともに、ゆとりの室内空間を備えた。

販売価格(税込)は2列シート車が235万円~、3列シート車が300万円~。月販目標台数は3000台。ただし、今後注文を受ける分については、2012年4月以降の工場出荷となる可能性もあるという。リチウムイオン電池を採用した3列シート車は、リチウムイオン電池の供給量を確認しながらの生産となるため、当面の納期短縮は困難だが、2列シート車については、できる限り早く納期を早めるように調整を行っていく考えだ。

また、今年夏後半には北米でプリウスαの2列シート車をベースとした「Priusv(ヴイ)」を、2012年半ばには欧州でプリウスαの3列シート車をベースとした「Prius+(プラス)」を発売する計画も発表した。

3列シート車は、トヨタのハイブリッド量産車として初めてリチウムイオン電池を採用。また、モーターの出力を効率的に伝えるリダクション機構付のTHSII(TOYOTAHybridSystemII)を搭載し、CD値(空気抵抗係数)0.29と空力性能にも優れたフォルムや軽量化との相乗効果で、クラストップの10・15モード走行燃費31.0km/L・JC08モード走行燃費26.2km/Lを達成した。使い勝手のいい広々とした室内空間には、2列シート車はラゲージ容量535Lの広いラゲージスペースを確保しゴルフバッグ4セットの収納が可能。3列シート車にはコンパクトなリチウムイオン電池の採用により大人7人の乗車を実現した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.