NTT西日本・オムロン 家庭向け省エネ支援を行う合弁会社を設立

  • 印刷
  • 共有

NTT西日本とオムロンは、環境・エネルギー分野における家庭向け省エネ支援サービス等を提供する合弁会社「NTTスマイルエナジー」を、6月1日に設立すると発表した。7月より営業を開始する予定。

合弁会社では、NTT西日本のネットワーク技術と、オムロンの高度なセンシング&コントロール技術など、両社のノウハウを融合。通信と制御を連携させることで、一般家庭の消費電力や太陽光パネルでの発電電力を「見える化」するとともに、家庭内での省エネ及びCO2削減をサポートする各種サービスを提供する。合弁会社の資本金は4.5億円、出資比率はNTT西日本が66%、オムロンが34%。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事