> > 三菱化学 植物を原料とした化学品の研究開発で米企業と提携

三菱化学 植物を原料とした化学品の研究開発で米企業と提携

記事を保存

三菱化学は、植物を原料とした化学品の研究開発について、豊富な実績と特許をもつ米Genomatica社と提携する。今回の提携では、Genomatica社の植物由来の化学品である14-ブタンジオールを製造する技術に、三菱化学の技術を組み合わせ、中東、インドを含むアジアでの14-ブタンジオール事業化を検討する。

同社は、新技術による「脱化石原料」への事業構造転換を促進しており、既に植物を原料としたバイオエンプラ(バイオエンジニアリングプラスチック)であるDURABIO™を自社開発している。また、今月26日には、PTT社及びBioAmber社と提携し、海外事業展開に向けて、コハク酸と14ブタンジオールを原料とする生分解性プラスチック(GSPla®)の植物原料化にも取り組むことを明らかにしている。今回の提携により、その他の化学品についても植物原料化を進め、2025年に、既存の化石原料のうち20%について、植物原料化を目指す考えだ。

Genomatica社は、植物原料から化学品を効率的に生産する発酵(製造)プロセスの設計において、既に植物原料から14-ブタンジオール、メチルエチルケトンなどの化学品を製造するための特許を多数保有している。一方、三菱化学は、石油化学製品の生産を通じて培った高度生産技術や分離精製技術を有している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.