> > FDK・旭化成 リチウムイオンキャパシタ事業の合弁会社を設立

FDK・旭化成 リチウムイオンキャパシタ事業の合弁会社を設立

記事を保存

FDKと旭化成は、次世代の蓄電デバイスであるリチウムイオンキャパシタ(LIC)について、共同出資の新会社を設立し、事業を統合すると発表した。

合弁会社の設立は今年8月初旬の予定。出資比率はFDKが51%、旭化成が49%。製造拠点は現FDK湖西工場(静岡県)に設ける。LICは、電力の高効率利用など省エネルギーに向けた新しい蓄電デバイスとして、2015年以降には大きな市場を形成すると見込まれている。両社は事業統合により、FDKのセル・モジュール技術および製造技術と、旭化成独自のセル基本技術を組み合わせ、製品開発力と供給力の強化を図る。

LICは、リチウムイオン二次電池(LIB)と電気二重層キャパシタ(EDLC)の二つの蓄電池を組み合わせたハイブリッドタイプの蓄電デバイス。大電流の急速な充放電が可能で、従来の蓄電部品であるEDLCに比べ高容量で、LIBより長寿命という特性を持つ。

FDKは、LICを今後の成長製品と位置付けており、開発を進めるとともにLICセルからモジュールまでの一貫した量産体制を構築してきた。一方、旭化成は、これまで培ったLIBの素材技術をベースにLICの開発に取り組んできたが、内部抵抗の小さい高性能な製品を開発したことから、事業化について検討してきたという経緯がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.