> > 日立製作所 英国配電会社のスマートグリッド実証実験に参画

日立製作所 英国配電会社のスマートグリッド実証実験に参画

記事を保存

日立製作所は、英国の大手配電会社であるウエスタンパワーディストリビューション社(WPD社)が予定しているスマートグリッド実証実験に、電圧安定化システムが採用され、日本メーカーとして初めて本実証実験に参画すると発表した。

今回の実験は、英国のエネルギー規制機関であるOfgemが推進する低炭素ネットワーク(LCN)のプロジェクトとして、サウス・ウエスト・イングランドとサウス・ウェールズにある合計4つのサイトで行われる。実施期間は今夏から3年間の予定。本実証実験では、日立の電圧安定化システムや配電系統電圧制御システムを用いて、再生可能エネルギーが接続される電力網における急激な電圧変動の抑制と安定した電力供給を目指す。また、本件は日立の電圧抑制技術が欧州において導入される初めての事例となる。

今回、日立が提供する電圧安定化システムは、当初、太陽光発電の電力を電力系統に安定的に供給するために日本で開発されたシステム。電圧変化の大幅低減が可能で、配電事業者にとって、既存の送配電システムの設備増強や設備の更新を行うのに比べて経済的に導入できるメリットがある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.