> > 太陽光発電協会 震災で破壊された太陽電池パネルの取扱いに注意

太陽光発電協会 震災で破壊された太陽電池パネルの取扱いに注意

記事を保存

太陽光発電協会は、震災で破壊された太陽電池パネルの取り扱い上の注意について注意文を発表した。東北関東大震災で住宅などに設置された太陽電池パネルが破壊され、家屋などのがれきと共に堆積しているような場合でも、太陽電池パネルに太陽光が当たっている時は発電している可能性があるため、素手で触れると感電をする怖れがあるという。

同協会がとりまとめた、太陽電池パネルが震災で破壊された家屋に残っている場合、あるいは、屋根から外れてがれきとなって堆積している場合の取り扱い手順は以下の通り。

(1)素手でさわらないこと。
(2)救助及び復旧作業などで壊れた太陽電池パネルに触れる場合は、乾いた軍手やゴム手袋など絶縁性のある手袋を着用すること。
(3)複数の太陽電池パネルがケーブルでつながっている場合は、ケーブルのコネクターを抜くか、切断すること。可能であれば、太陽電池パネルに光が当たらないように段ボールや板などで覆いをするか、裏返しにする。さらに、可能であれば、ケーブルの切断面の中の銅線がむき出しにならないようにビニールテープなどを巻くこと。
(4)太陽電池パネルを廃棄場に運ぶ際には、念のため、ガラスを金づちなどで細かく破砕すること。
(5)夜間・日没後など日射のない時の作業については、太陽電池パネルは発電していないが、日射がある時と同様の点に注意して作業を行うこと。

なお、太陽電池パネルの構成部材は、半強化ガラス(厚み約3mm)、セル(シリコンの板、10~15cm角、厚み0.2~0.4mm、銀電極、半田、銅箔など)、透明樹脂、白樹脂シート、金属枠(主にアルミ)、配線材、樹脂箱などとなっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.