> > NEDO タイで、30%省エネの環境対応型アーク炉の実証事業を開始

NEDO タイで、30%省エネの環境対応型アーク炉の実証事業を開始

記事を保存

NEDOは、スチールプランテック(神奈川県横浜市)と開発した環境対応型高効率アーク炉技術を、タイのUMCメタル社において実証すると発表した。事業期間は2011~2013年度までの3年間の予定。予算規模は約28.5億円で、うちNEDOの負担は約20億円。

タイにおいて、鉄鋼業は最大のエネルギー消費産業であり、製鋼用アーク炉は製鉄所で使用するエネルギーの大半を消費している。本事業では、従来型のアーク炉と比較して、30%程度のエネルギー削減が見込まれるとともに、付属する排ガス処理設備により日本のダイオキシン排出基準を満たす環境対応型技術を、UMCメタル社の製鋼用アーク炉に導入する。NEDOは、本事業を契機に、東南アジアにおける高効率アーク炉の普及を目指す考えだ。

アーク炉とは、黒鉛電極と、鉄スクラップまたは鉄スクラップが溶解した溶鋼との間にアークを発生させ、加熱する方式の電気炉。本実証で導入する環境対応型高効率アーク炉では、原料の鉄スクラップを融解する際に発生する高温ガスを、アーク炉本体と一体化した原料予熱槽を通過させて排出し、原料と排ガスとの熱交換によりエネルギーを回収。その後、処理装置で排ガス内の有害物質について可燃分を利用して燃焼分解する。

従来型のアーク炉では、炉内で発生するガスはそのまま炉外へ排出され、別に設けたエネルギー回収装置へ導入して回収するか、エネルギー回収を行わないまま集塵機を通過して大気へ排出されていた。本排ガス処理方法は1999年度のNEDO事業で「製鋼工程におけるダイオキシン類削減技術」として開発したもの。今回実証する技術は、すでに国内で3件、海外では1件、商業生産設備として稼働中だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.