> > 伊藤忠 米バイオ燃料ベンチャーの新技術を導入し、BDFを製造

伊藤忠 米バイオ燃料ベンチャーの新技術を導入し、BDFを製造

記事を保存

伊藤忠商事は、米BenefuelInc.(Benefuel社)に出資し、同社のバイオディーゼル燃料製造技術を導入したパイロットプラントによる実証試験を日本で開始したと発表した。

出資比率は4%強。Benefuel社は、「多機能固体触媒」と呼ばれる新たな触媒を用いて、効率的・安価にバイオディーゼル燃料を製造する技術を有する。伊藤忠商事は、2012年を目処にアジアを中心とした市場での多機能固体触媒の事業展開を目指す考えだ。

パイロットプラントによる実証試験は、国内バイオディーゼル燃料のトップメーカーであるダイキアクシス(愛媛県松山市)と共同で開始した。本件は、NEDOイノベーション実用化助成事業にも採択されており、「双機能固体触媒利用の次世代BDF(バイオディーゼル燃料)製造プロセスの開発」として、ダイキアクシス社松山D・OIL事業所で実施されている。

従来のバイオディーゼル燃料の製造では、原料である油脂に含まれる脂肪酸を除去しなければ原料として使うことができなかった。そのため、食品工場や製油工場の残渣など、脂肪酸含有量の多い低品質の油脂を使用することは難しく、食用並みに原料油脂を精製する工程が必要だった。Benefuel社の「多機能固体触媒」は、油脂と脂肪酸を同時にバイオディーゼル燃料に変換できるため、廃油や非食用油など脂肪酸の多い油脂でもそのまま使用することができる。

また、固体触媒は液体触媒と違って製品や副産物に残存しないため、製品から液体触媒を除去する工程や廃水処理の工程が不要となる。さらに、副産物であるグリセリンは高純度となるため、工業用として利用が可能だ。「多機能固体触媒」を用いることで製造工程そのものの簡素化し、総合的にバイオディーゼル燃料製造の低コスト化を図ることができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.